Basic認証(その2)

認証ユーザとしてjobs/appleを追加、Authorizationヘッダをデコードして遊んでみる。

認証ユーザを追加(jobs/apple

"-c"のオプションは不要

# htpasswd  /etc/apache2/sites-available/.htpasswd jobs
New password: 
Re-type new password: 
Adding password for user jobs

パスワードファイルにjobsが追加されたことを確認

# grep jobs  /etc/apache2/sites-available/.htpasswd
jobs:C8Qhyv1t0UFVk

apacheの設定ファイル編集

ポイントはRequireにvalid-userを指定したところ。パスワードファイルに含まれるすべてのユーザーに許可することを意味する。

# vi /etc/apache2/sites-available/default(↓のとおり編集)
<Directory /var/www/member>
    AuthType Basic
    AuthName "Secret Zone"
    AuthUserFile /etc/apache2/sites-available/.htpasswd
    Require valid-user
</Directory>

以降同じ(apacheを再起動して、localhostへアクセス)

Firefox上でAuthorizationヘッダ取得

Authorization: Basic am9iczphcHBsZQ==

AuthorizationヘッダをBASE64変換 WEBアプリケーション、フリーCGI配布 ---ahref.orgを使ってデコード

広告を非表示にする